忍者ブログ
普段思ったことや、映画・ドラマ・アニメ・ゲーム等の感想を記事にします 気軽にコメントして下さい 野球は西武ファン
[1260] [1259] [1258] [1257] [1256] [1255] [1254] [1253] [1252] [1251] [1250]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宣言通り見ました。

<ネタバレ反転>

後味の良い作品だった。
心がほっこりと癒される。
コトリンゴの「こどものせかい」は作品との親和性がバツグンだね。
この人のこと、前からちょっと興味があったんだけど、アルバム借りてみたくなった。

この時代にこういう作品が出たことは重要だね。
萌えアニメばかりが量産され、それ以外のアニメも派手で軽快な物が多い中、こういう懐かしい雰囲気の漂う温かいアニメが出てきたことは本当に重要だ。
今の日本でもこういう作品を作れる人がいるんだねぇ。

基本的に大きな出来事が起こることも無く、ゆったりと物語が進んでいく。
昭和の懐かしい景色や人々を見ていると、心癒される。
新子と貴伊子の豊かな想像力は、大人になると忘れてしまうものだね。
俺も昔はああいう景色を見ていたのだろうか。

清純そうなひづる先生の好きだった人が実は結婚していて、当てつけに別の人と結婚したり、
タツヨシのお父さんが一本筋が通っていそうに見えて実は博打にハマっていたり、というギャップが、リアルだなぁと思った。
なんとなく昔の人って、外面は真面目そうに見えて裏がある、という人が多かった気がする。
お父さんの仇を取るために、新子とタツヨシが二人で女の所へ行き、話をした後で、二人で大声を出しながら走るシーンが良かった。感情が溢れ出ていて。


結局、千年前の世界というのは、最後までなんだかよく分からなかったなぁw
ま、それでいいんだよね。

心が温まるいい作品でした。
こどものせかいに戻りたい人はどうぞ。

P.S.山口県防府市というと・・・・思い浮かぶは山崎まさよしの故郷。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
これ好きです
わざわざやってる劇場を探して山口県の下関市まで見に行きました。
僕としては初めての経験です。
何というか、この素朴さ!これだけで観る価値があります。
山口県防府市の素朴な風景が描かれているところに見入りました!
僕が好きなのは、人見知りがちな子(名前忘れた)がウィスキー入りのチョコで酔っ払って
打ち解けてしまったところ。
こういう「素朴なシーン」を描けるのは才能でしょう。
素朴なシーンの積み上げで成り立っており、奇をてらっていないのは共感できますね。
もし、売り上げを狙っていたらもっとアクションシーン的なものを入れるのに、
敢えていれずにノスタルジーに専念した部分は評価されるべきだと思います。
観て良かったと思える映画でした。
ムンホイもそうですが、「静かに広がる」作品なのは納得行きます。
神無月サスケ URL 2012/03/28(Wed) 編集
コメントありがとうございます。
山口県まで見に行ったのですか!凄いですね。
僕も劇場で見ておけば良かったなと後悔しています。
ウィスキーボンボンを食べて、貴伊子ちゃんと打ち解けるシーンですね。あのシーンは僕も好きです。新子の妹(名前忘れた)が可愛いですよね。こういう素朴なシーンが心を温かくしてくれるんですよね。
売り上げを狙わずにノスタルジーに専念したというのは凄いですよね。それでも、良い作品はやっぱり評価されるものだと思います。

サスケさんが仰ってたシーンがYouTubeに公式でまるごと上がっていたので、お時間があればどうぞ→http://youtu.be/WIGPRnAMVVk
Noboo 2012/03/28(Wed) 編集
カウンター
プロフィール
HN:
Noboo
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Nobooです。宜しくお願いします。
twitter
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[06/27 Noboo]
[06/26 NONAME]
[07/18 Noboo]
[07/18 みい]
[03/28 Noboo]
[03/28 Noboo]
[03/28 神無月サスケ]
[03/28 神無月サスケ]
[12/04 Noboo]
[12/04 ラッコ]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) noblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]