忍者ブログ
普段思ったことや、映画・ドラマ・アニメ・ゲーム等の感想を記事にします 気軽にコメントして下さい 野球は西武ファン
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

BeeDAMA

彼は悪い人?否、僕は良い人だと思う。

_/_/_/_/_/

彼は非難される。

「一般常識が無い」
「頭おかしーんじゃねぇの」
「空気読めよ」

彼は空気を読めない。

周りのことを考える力が無い。

一般的に、やって良いこととやってはいけないことを――知らない。

それは、法律的な善と悪では無く―

これをやったら、仲間外れにされる―

そういうことを、彼は知らない。

_/_/_/_/_/

自分が、いつどこでどのように生まれるか―

これは、誰にも決めることが出来ない。

神様がそう定めるだけである。

彼は、生まれた時から普通のコミュニケーションを禁じられ、

自分の意志を封じらてきた。

彼の周りには―

彼を認めてくれる人がいなかった。

彼には―

自分の欠点を見付ける術が無かった。

彼は、彼なりに必死でやってきた。

けれど、どうすることも出来なかった。

自分自身を変えることは出来なかった。

彼は、人から非難される。

認めてもらえない。

認めてもらう方法が分からない。

認めてもらう方法が分からないから―

いつまで経っても認めてもらうことが出来ない。

彼の心は、ビー玉のように透き通っている。

彼の魂は、何にも描かれていないキャンパスのように真っ白だ。

しかし彼は、“良い人”になる術を知らない。

教えてもらったことが無い。

ゆえに、“悪い人”になってしまう――

彼は悪い人?否、僕は良い人だと思う。

拍手[0回]

PR


男は、一人で絵を描いていた。

_/_/_/_/_/

男は、とある地方の貧乏な家庭で生まれた。

貧しいけれども幸せな家庭。

ある時、母親と共に街を歩いていると、絵を描いている一人の人間が目に付く。

近寄り、覗き込むと――

そこには、彼が見たこともないような世界が広がっていた。

どこまでも広がる地平、まばゆくばかりの青空、そして、真ん中にそびえ立つ巨大な樹。

そこには、「世界」が存在した。

彼はその絵に魅せられ、夢中で絵描きに質問をした。

彼は――

絵に恋をした。

_/_/_/_/_/

ある時、彼の母親は、彼に紙とペンを買い与えた。

彼は、感動に打ち震えた。

彼は、二つの道具を使い、「世界」を創造していくことにした。

_/_/_/_/_/

彼の生きた時代は――

「理屈」では無く、「感情」の時代であった。

彼の――

今まで存在した絵描き達が作り上げてきたものを、

一瞬で壊してしまうような、その絵は―

誰にも受け入れてもらうことが出来なかった。

しかし、彼は絵を描き続けた。

やがて、母親が病床に伏し、一人になっても―

彼は絵を描き続けた。

気付いたら、彼の周りには誰もいなかった。

彼にとっての世界とは、「絵」だった。

「絵」が世界の全てであり、絵の中で「世界」を創造した。

彼は、自分を曲げなかった。

彼は、死ぬ時までペンを握っていた。

母親から買い与えてもらったペン。

_/_/_/_/_/

やがて、彼の功績は認められ、彼の死の瞬間を描いた絵が、世界的な芸術として認められるようになった。

タイトルは――

「絵架き」

拍手[0回]

カウンター
プロフィール
HN:
Noboo
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Nobooです。宜しくお願いします。
twitter
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[06/27 Noboo]
[06/26 NONAME]
[07/18 Noboo]
[07/18 みい]
[03/28 Noboo]
[03/28 Noboo]
[03/28 神無月サスケ]
[03/28 神無月サスケ]
[12/04 Noboo]
[12/04 ラッコ]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) noblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]