忍者ブログ
普段思ったことや、映画・ドラマ・アニメ・ゲーム等の感想を記事にします 気軽にコメントして下さい 野球は西武ファン
[1307] [1306] [1305] [1304] [1303] [1302] [1301] [1300] [1299] [1298] [1297]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海外ドラマの名作「ブレイキング・バッド」の紹介です
海外ドラマに関しては最近になって見始めたのと、シリーズが長い作品が多いのであまり多くは見ていません
その中で最も印象に残ったのが本作です

日本で有名な海外ドラマと言うと「24」「プリズンブレイク」「ウォーキングデッド」あたりが挙げられますが、それらはどちらかと言うと万人受けする作品です
本作には派手なアクションシーンは無いですが、シナリオが実に秀逸です

主人公は冴えない化学教師ウォルター・ホワイト
メガネのダサいおっさんで「これが主人公か?」と思わせるほどです(笑)
自身がガンになったことをきっかけに、悪の道へと進むようになります
シーズン1からなかなかの悪行をやるのですが、2、3と進むにつれどんどん加速していきます
1を見ただけでは僕はピンと来なかったですが、3の終わりまで見るともうやめられなくなります
それまで積み上げてきた流れが3へと集約されます
○○の気持ちを考えるとやり切れないです

凄いのは、3がピークではなく、4,5(ラスト)と更に面白くなることです
個人的には4が一番好きですが、5も面白いです
5のラストの○○の表情は愛着、怒り、悲しみ、後悔…様々な感情のこもった絶妙な表情です

主人公ウォルター・ホワイトは幸せだったのでしょうか?
悪の道へ進んだことに後悔はないのでしょうか?
いや、きっと後悔はあります
しかし、それ以上に悪の道は、自分の存在を確かめさせてくれる、喜びに満ち溢れた場所だったのでしょう
だから突き進んだのです

本作の特長の一つとして、最初から最後までストーリーが一貫していることが挙げられます
1話で「最終的にこうなってしまう」みたいなことを暗示するシーンが登場するのですが、5つのシーズンをかけて、そうなるようにきっちり話をまとめています
海外ドラマにありがちな、人気あるから引き伸ばし・付け足しは一切ないです
5つのシーズンでちゃんと完結しています

ここまで印象に残るドラマには滅多に出会えません
見所が多すぎて簡単には語り尽くせません
スタッフ・出演者が一丸となって取り組んだからこそ、このレベルの作品が出来たのだと思います

濃密な内容のドラマを求めてる人には是非お勧めです

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
カウンター
プロフィール
HN:
Noboo
HP:
性別:
男性
自己紹介:
Nobooです。宜しくお願いします。
twitter
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[06/27 Noboo]
[06/26 NONAME]
[07/18 Noboo]
[07/18 みい]
[03/28 Noboo]
[03/28 Noboo]
[03/28 神無月サスケ]
[03/28 神無月サスケ]
[12/04 Noboo]
[12/04 ラッコ]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) noblog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]